ミノキシジルは発毛効果が医学的に実証されている成分です。
「ミノキシジルタブレット(ミノタブ)」などの商品名で販売されることも多いため、耳にしたことがある方も少なくないでしょう。
ミノキシジルが配合された育毛剤は様々な種類の薄毛に対して効果を発揮するといわれていますが、その中でも初期脱毛、特に頭頂部の薄毛に対して高い効果があるといわれています。
薬の形状は前述のタブレットの他液状薬もあり、お店で購入することが可能です。

ミノキシジルの作用について

髪を気にする男性

ミノキシジルは血管に作用することで発毛を促す薬です。
ミノキシジルはもともと薄毛改善のために開発された薬ではありません。
高血圧改善のための血管拡張剤として開発され、その副作用に体毛が生えやすくなるというものが認められたため育毛剤として転用されました。

ミノキシジルは頭頂部が薄くなり始めたなどの初期脱毛に対し高い効果を発揮します。
頭頂部に向かうほど毛細血管が集中しているためミノキシジルの血管拡張効果を存分に発揮することができるためです。
頭皮の血液の流れをすることで毛根まで栄養をいきわたらせ、発毛を促すというのがミノキシジル配合薬の主な作用です。

また毛乳頭細胞を増殖させる効果も持ちます。
毛乳頭細胞とは発毛を促すいわば司令塔とも呼べる細胞のことで、栄養を取りこみ髪をはやすための命令を出す場所でもあります。
つまりが増殖し数を増やせば髪を生やすための命令も多く飛ばすことができるようになり、発毛につながります。
毛乳頭細胞の増殖に対し毛乳頭細胞のサポートを行う細胞の死滅(アポトーシス)を抑制する効果もあります。

毛乳頭細胞の補助を行う細胞は毛乳頭細胞の周りに存在しており血液に乗って流れてきた栄養や酵素などを毛乳頭細胞に受け渡す役割を担っています。
血液の流れが悪く栄養が届かないような状況ではこの細胞は死滅してしまうというプロセスを持っていますので血液の流れを増やしてこれを阻止します。
この細胞が多く生きていれば毛乳頭細胞により多くの栄養を渡すことが可能になり毛乳頭細胞の活性化、つまり発毛のための命令をたくさん出してもらうことができるようになるという仕組みです。
ミノキシジルはこれら3つの作用により髪を生やす部分の組織を活性化させることができます。

ミノキシジルが含まれている商品

ミノキシジルが配合された商品は数多く出回っています。
中でも「リアップ」という商品はテレビコマーシャルなどで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
リアップは当初ミノキシジル1%配合の商品が販売されていましたが現在においては「リアップX5]という5%も配合された商品も販売されています。
これにより従来の商品では効果が見られるまで半年要するとされていたものが4カ月で発毛を実感することができるというものになっています。

リアップよりも古くから存在しているのが「ロゲイン」という育毛剤です。海外では有名な昔からある発毛剤です。
しかしながら日本において店頭に並ぶことはありませんので、あまり日本では知られていないかもしれません。
ロゲインを手に入れるのはクリニックで処方してもらうほか個人輸入という方法があります。

ロゲインは海外で製造されている薬であるため日本の医薬品とも医薬部外品とも分類されていません。
配合成分であるミノキシジルが日本で発毛効果が認められた医薬成分であることから効果や副作用に関しては日本の商品と同等であるといえるのではないでしょうか。

ジェネリック薬のツゲインとは

ロゲインのジェネリック商品に「ツゲイン」というものがあります。こちらはアメリカ合衆国の製薬会社が製造している薬品です。
ツゲインはロゲインと同様にクリニックで処方してもらうほか個人輸入で手に入れることが可能です。
ロゲインのジェネリック医薬品ですからロゲインよりも安価であり他の育毛剤よりも比較的安く手に入ります。
またほかの育毛剤よりも刺激を感じることが少ないという報告もあるようです。
ミノキシジル配合の育毛剤にはこのほかにも様々なものがありますが、日本のドラッグストアで購入することができるのはリアップシリーズのみです。

ミノキシジルと併用禁忌薬の注意点

注意を促す医師

高い発毛効果があるミノキシジルですが、併用禁忌薬も存在します。
たとえば血管を拡張する効果を持つ「バイアグラ」や逆に血管を縮小させる「スマトリプタン」、市販薬にも含まれる「イブプロフェン」などです。
バイアグラをはじめとしたED治療薬にはミノキシジル同様血管拡張効果があり、この二つを併用してしまうと血管が広がり過ぎて血圧を急激に下げてしまう恐れがあります。
低血圧による危険な状態を引き起こすことがありますので併用することはやめましょう。

スマトリプタンは片頭痛の痛みを緩和する薬です。
セロトニンという神経伝達物質に働きかけて血管を縮小させるというミノキシジルとは反対の効果を持ちます。
逆の作用のある成分を同時に摂取することで血圧のコントロールができなくなってしまうほかミノキシジルの発毛効果を得ることも難しくなってしまいます。

イブプロフェンは市販の風邪薬や鎮痛剤に含まれている成分ですから聞いたことがある方も多いでしょう。
解熱作用や鎮痛作用、抗炎症作用を持ちます。
イブプロフェンはミノキシジル配合の育毛剤には併用することがないよう掲載されています。
医師から処方される薬の他ドラッグストアで購入することが可能な風邪薬にも含まれていることが非常に多いため、購入する際には注意を払いましょう。

ミノキシジルの併用禁忌薬には医師から処方される物の他市販品も多く存在します。
風邪を引いた際などに病院にかかった時には医師にはミノキシジルを使用していることを必ず伝えましょう。
また自分で風邪薬や鎮痛剤などを購入する際にも十分に注意し、不安な場合にはドラッグストアの薬剤師に相談して購入するようにしましょう。
思わぬ身の危険や効果が薄れてしまう場合があります。

最近の記事

Category

  • カテゴリーなし

Archive

ページ上部へ戻る