プロペシアのジェネリックで安く育毛

プロペシアはフィナステリドという有効成分を含んだ内服薬です。
男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)は毛周期を乱して髪の毛の成長を阻害します。
フィナステリドは別の男性ホルモンであるテストステロンをDHTへと変換する5αリダクターゼ(還元酵素)II型の働きを阻害する効果があります。

プロペシアは1997年に米国のメルク社が開発して薬品特許を取得し、日本では2007年にMSD(当時は万有製薬)が製造販売権利認定を取得して国内ライセンス販売を開始しました。
つまり日本においてプロペシアは認可薬であるため、服用するには医師の診断が必要で、費用もかかります。
そこで注目されているのは、プロペシアのジェネリック医薬品です。
ジェネリック薬は開発費が反映しないため安い値段で購入できる上、海外製のものは認可薬ではないので医師の処方がなくても輸入代行やネット通販で入手可能です。

一方、国内製薬会社もプロペシアのジェネリック薬は製造・販売していますが、医師の処方がなければ購入や使用はできません。
プロペシアの海外ジェネリック薬としては、フィンペシアやエフペシア、フィナロなどが知られています。
フィンペシアとエフペシアは、インドのシプラ社という製薬会社が製造販売している薬です。
フィンペシアは特許制度の異なるインドで独自に開発されたため、厳密に言えばプロペシアのジェネリック薬ではありませんが、値段が5分の1程度以下の安さという点ではジェネリック薬相当と言えるでしょう。
成分や効果もほぼ同じです。
フィンペシアは通販で買えるので、簡単に手に入れることができます。

エフペシアは、フィンペシアが当初キノリンイエローという、日本で発がん性が疑われている着色料を含んでいたことから、これを使わない薬として日本向けに開発されました。
現在はフィンペシアもキノリンイエロー・フリーの改良版に移行しているため、エフペシアの製造は中止されてフィンペシアに一本化される方向で、在庫品が引き続き販売されている状態です。

フィナロはインド製薬会社インタス社の製品で、成分や効能はプロペシアと同じ程度とみられ、キノリンイエローも含まれていません。
特長は値段の安さで、フィンペシアの8割程度で販売されています。
育毛は長期間継続的に行うものなので、価格差の影響は大きいと言えます。
開発費が乗って高価なプロペシアよりも安い薬が効果はほぼ変わらず、通院の必要もなくネット通販などで気軽に購入できるのであれば、ジェネリック薬を利用して髪の毛を育てるのも一手と言えるかもしれません。

プロペシア・フィンペシアを服用すると精力減退する

プロペシアの副作用として、精力減退が指摘されています。
実際、MSDによるプロペシアの添付文書を見ると、リビドー(精力)減退や勃起機能不全、射精障害、精液量減少などが副作用として生じる可能性があると記載されています。
この根拠となっているのは、同文書に示されている臨床試験段階の安全性評価と市販後の使用成績調査の結果です。
これらのデータによると、安全性評価試験で副作用が認められたのは4%で、主な症状はリビドー減退(1.1%)と勃起機能不全(0.7%)、使用成績調査では副作用は0.5%で、主な症状はリビドー減退(0.2%)と肝機能障害(0.2%)でした。
副作用の発生頻度が4%としても医薬品全体では低い方で、精力減退の頻度はさらに低いです。

フィンペシア等のジェネリック薬も、成分はプロペシアとほぼ同じため、同程度の頻度で副作用が発生する可能性があります。
フィナステリドが5αリダクターゼII型に作用して、間接的に産生を阻害するDHTは男性ホルモンですが、成人男性の生殖機能に作用する種類ではありません。

一方、生殖機能に深い関係があるテストステロンはDHTの材料ですが、フィナステリドがテストステロンの産生あるいはその作用を阻害・抑制することもなく、理論的にはフィナステリドによって精力減退が生じることはないと考えられます。
臨床試験で、フィナステリド錠剤を服用して精力減退の症状を訴えた割合は、プラセボ(偽薬)を服用して訴えた割合とほぼ差異がなかったという結果が複数あります。
そのため、現実的にもフィナステリドで精力減退は起きないとの見方もあります。
それでも副作用として起こる理由は、現段階ではまだ解明されていませんが、一因として心的ストレスを指摘する見解が度々みられます。

例えば、ED(勃起機能障害)等の生殖機能障害は男性とってデリケートな問題で、「EDになるかもしれない」という不安で心因性EDになる可能性があります。
フィナステリド錠剤を服用する人が精力減退を強く心配すれば、その作用とは無関係に症状が発現しうるのです。
フィナステリド錠剤に限らず、医薬品を服用する際は用法用量を守ることが大切ですが、フィナステリド錠剤については過度に不安視しないことや、信頼できる薬を信頼できるルートで入手することも重要です。
そしてもし副作用が疑われる場合は、服用を中断し、専門医に相談することが肝要です。

ページ上部へ戻る