ミノキシジルとプロペシア併用でAGAは治る

男性型脱毛症、別名「AGA」は名称のとおり、男性に起こる脱毛症です。
男性ホルモンのテストステロンが、ジヒドロテストステロンへと変わる事で起こります。
薄毛となる原因は体の中にあるという事で、AGAは治らない脱毛症なのではと不安に感じる方もいるかもしれません。
実はAGA、クリニックで処方される内服薬を服用すれば、治る時代となりました。

薄毛治療を専門に行っているクリニックでは、プロペシアとミノキシジルという2つの内服薬でAGAの治療を行っています。
薄毛に悩んでいる男性はプロペシアとミノキシジルの効果を、チェックしてみるのも良いでしょう。

プロペシアはテストステロンをジヒドロテストステロンへと変えてしまう、5αリアクターゼという酵素の働きを抑制する有効成分「フィナステリド」が含まれています。
フィナステリドの作用によってAGAの引き金となるジヒドロテストステロン自体が作られなくなるので、AGAを解消できるのがプロペシアの特徴です。
AGAの直接的な原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制できるので、プロペシアだけ服用しておけばミノキシジルは併用しなくても良いのでは?と感じるかもしれません。

実はミノキシジルと併用する事によって、効果倍増すると言われています。ミノキシジルは血管を拡張させ、血流を良くする効果を持つ薬です。
服用すればもちろん頭皮の血管も広がり、血流が改善されます。髪を作るために必要な栄養素を毛根にまで運んでいるのは血液です。
血行が悪いと栄養不足となり、健康な髪を育てる事はできません。

プロペシアは男性ホルモンのジヒドロテストステロンの生成を抑える、いわば脱毛をストップさせる効果を得るために活用します。
一方、ミノキシジルは脱毛をストップさせたあと、プロペシアをサポートし発毛力を高める、アクセル役的な存在です。
AGAを治療する場合どちらか一方ではなく、両方併用する事によって効果倍増し、より薄毛を解消する効果がアップします。

プロペシアは女性は服用できない理由

薄毛は何も男性だけが悩む毛髪トラブルではありません。
女性も加齢やストレス、栄養バランスの悪い食事などによって薄毛に悩むケースがあります。
パートナーの男性がAGA治療として服用しているプロペシアを、ちょっと拝借して薄毛を治したいと考えている女性もいるかもしれません。

AGAに対しては優れた効果を発揮するプロペシアですが、女性が服用するのは禁止されているので、絶対に飲まないよう注意しましょう。
なぜ、女性の場合はプロペシアを服用できないのか、その理由を知れば飲んでみようという考えも消えると思います。

女性がプロペシアを服用した場合、男性胎児の発育異常という重篤な副作用が起こる危険性があるようです。
プロペシアに含まれる有効成分「フィナステリド」は男性ホルモンのジヒドロテストステロンの働きを、抑制するという効果があります。
もし妊娠中の女性が服用してしまった場合、男性ホルモンの作用が得られず男性胎児の生殖器官といった部分の、正常な発達を阻害してしまうと言われています。

自分だけでなくお腹の中にいる赤ちゃんにまで、このような大きな悪影響を与えてしまう事から、妊娠中や妊娠を考えている女性はプロペシアは飲まないようにしましょう。
また、飲むだけでなくプロペシアに触れただけでも、皮膚からフィナステリドが吸収され胎児に影響します。
直接体の中に取り込むだけでなく、少しでも触っただけで女性の身体に悪影響を与えてしまう薬です。

ちょっと薄毛が気になるから1錠だけ飲んでみようと、軽い気持ちで服用してしまうと一生、後悔してしまう事になってしまうかもしれません。
薄毛に悩んでいたとしても女性は絶対に、プロペシアは服用しない、触らないようにしましょう。

ページ上部へ戻る