女性の薄毛は男性とは違う!原因を突き止めよう

正常な抜け毛なら髪の寿命が尽きただけですから何の問題もありませんが、髪の伸び方が急激に遅くなったり、抜け毛が以前より極端に増えた場合には対策を考えていきたい人も多いでしょう。
薄毛の悩みは主に男性が多いですが、女性にもその悩みを持つ人がいてどのように薄毛を防いでいけばいいか迷うこともあるでしょう。
男性の薄毛と女性の薄毛は根本的な原因が違う場合があり、男性は男性ホルモンの影響から薄毛になっているパターンが多く、女性の場合は様々な要因からホルモンバランスが崩れて薄毛を引き起こしている場合があります。
男性の薄毛の多くの場合は遺伝的要素が反映しており、毛根の細胞が男性ホルモンの影響を受けて薄毛になるパターンが多いのが特徴です。

一方女性の場合は、老化や更年期などで女性ホルモンが減少しそこから薄毛になっている場合や、過度のヘアカラーやパーマなどの髪を痛める行為を続けた外部要因や、また偏った食生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れによって起こることもあります。
また、妊娠や出産による影響でホルモンバランスが変化したことによって起こる場合もありますが、それが原因の場合は一定期間を過ぎれば自然に髪が元に戻ってきます。
過度のダイエットやストレスもまた、ホルモンバランスに影響を与え、毛髪によくない影響を及ぼすことがあります。
女性の場合は、薄毛になるのは一時的にホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの影響を受けている場合が多いため、ホルモンバランスを整えれば髪も復活してくることが多いです。
女性は元々女性ホルモンが優位のため毛髪の復活も男性に比べて容易ですが、男性の薄毛の場合は男性ホルモンの毛根への影響を抑える必要があるのでその対策はより難しいものになります。

生活習慣などの影響で薄毛になっている場合は、男性でもその対策を行えば早い段階でまた毛髪が復活していくる可能性があります。
男性と女性で薄毛への対処の仕方は違ってくる場合がありますし、また個人によっても薄毛の原因に違いがあり、それぞれに合った対策を施していく必要があるでしょう。

女性の場合は完全にハゲることはない

髪の寿命は尽きれば自然に抜けるものですから、抜け毛自体は普通のことであり、抜けた髪はまた生えてきます。
髪が生えても伸び方が遅くなり、だんだんと髪に力強さが失われてやせ細っていく中で薄毛の状態になっていきます。
男性型の薄毛に関しては、男性ホルモンの影響の場合には、左右の生え際がM字型に後退していく場合や、頭頂部から薄毛が始まりそれがO字型に広がっていくものや、M字型とO字型の両方が同時進行していく場合の大きく分けて三つのパターンのどれかになります。
しかし女性の場合はこれには当てはまらず、男性と比較して薄毛の状態に大きな違いがあり、女性の場合は完全にハゲるというようなことはありません。

女性の薄毛は局所的に薄くなっていくのではなく、全体的に薄くなっていき、髪のボリュームが減っていく状態になることが多いです。
男性の場合は男性ホルモンの影響が毛根自体に作用して毛根の働きを弱めることになるため、髪の復活には様々なアプローチを通じてそれを克服していく必要があります。
しかし女性の場合は、たとえホルモンバランスが乱れたとしても元々女性ホルモンの量が多いので、男性のようにすっかり髪がなくなるようなことはありません。

女性の場合の薄毛は、年齢によって原因が違うこともあり、若い頃に関しては生活習慣の乱れや過度なヘアケアや髪を傷める行為をすることで発生する場合があり、年齢が進行した場合は加齢によるホルモンバランスの影響が大きいと思われます。
もちろん男性の場合も生活習慣や間違ったヘアケアによって生じる場合もありますし、女性も男性もまず自分の状態がどのような原因で起こっているのかを突き止め、そこから対策をしていくことが大切です。
状況によっては専門家に相談して指示を受けてもいいですし、自分自身で思い当たることがあればそこからまず改善していくことが大切になります。

ページ上部へ戻る